質問

オススメの保険会社を教えて下さい。
自動車保険の会社が多すぎて困っています。利用していて、一番コストパフォーマンスの高い保険会社はどこでしょうか?

回答

結論

明確に「この保険会社が良い」というのはありません。

しかし、良い保険会社を探す方法ならあります

自分に最も適した良い保険会社を探す方法

保険会社は数十社あり、その中からひとつひとつプランを選ぶのは大変です。
そこでオススメしたいのが「自動車保険の比較」を行うことです。


自動車保険のプランが決まっていれば、同じ補償内容で他の保険会社がいくらの保険料か比較ができるので、簡単に最も安い保険会社を探すことができます。
保険会社の見積もり比較をして、手間なくお得な保険会社を選びましょう。

人によって適切な保険プランがあり、その条件によって毎度最も安い保険会社は変わってきます。
そのため、「この保険会社が安くて良い」と一概に言えるわけではなく、プランを決めたうえでどの保険会社が良いかを探す必要があります。

それを探すことができるのが自動車保険会社の見積もりを比較するという方法です。

自動車保険選びの大前提

まず大前提として、事故時に支払われる補償金額と申込者が支払う毎年の保険料はほとんど比例します。
つまり保険料を高くコストをかければかけるほど、サービスが良く事故時の対応も良い自動車保険になります。

そのように考えると、パフォーマンスの高い自動車保険は「コストがかかる」反面、コストが低い業者は「パフォーマンスが低い」といえます。

最終的には支払いを行う自分の懐事情との相談となります。

保険料とサービス内容は必ずしも一致しない

しかし、保険料と補償金額が全く比例するわけではありません。

補償内容が全く同じなのに保険料が変わってくることもあります。

また、サービスは事故時の補償だけでなく、電話応対や事故処理を上手に行い損失を少なくするように措置を取ることのできる業者もいます。

コストパフォーマンスを考えるのであれば補償額だけでなくそれ以外のサービスも考慮し、トータルでどの保険会社が良いかを考えましょう。

コストパフォーマンスの高い保険会社の特長

「コスト」を強く意識するのであればやはりダイレクト自動車保険は見逃せません。

ダイレクト自動車保険は代理店を使う「代理店型」と異なり、自社でプロモーションから販売までを行うため中間マージンをかけずに必要なコストだけを使った保険サービスのシステムをとっているため、同じ補償内容でも保険料は大きく変わってきます。

また人件費も代理店型に比べて圧倒的に低いため、その点も低い保険料に影響しています。

特に、ソニー損保イーデザイン損保はユーザーから保険料とサービスのバランスで定評があります。
いずれもホームページで説明が丁寧に書かれており、プランもシンプルで分かりやすいと評判です。

しかしその中でもどちらがより保険料が安いかはプランによりますし、そもそも他の自動車保険の方が保険料が低いことも多々あります。
自分に合ったもっともお得な保険会社を選びましょう。