質問

先月、単独事故を起こしてしまいました。
壁にぶつかり、壁はなんともなかったのですが車が大きく凹んでしまったので修理に出したら修理費が12万円でした。保険を使うべきでしょうか?ちなみに現在7等級です。

回答

結論

12万円というと非常に微妙な金額ですが、
それでも出せるのであれば12万円程度なら保険を使わずに払われる事をオススメします
そちらのほうが長い目で見た時にコストは少なく済むからです。

保険を使った時と使わない時でコストの差はどのくらい?

保険を使わない場合と使う場合で出費額を比較します。
保険を使わなかった場合、修理費が12万円かかりますから出費額は12万円です。
一方保険を使う場合(この場合は車両保険)は、保険から出すため修理費は0円ですが、次の更新で等級が3つダウンするためダウンしなかった時との差額がコストとなります。
その差額がこの質問者様の場合、1年目で2万円、2年目で2.3万円、3年目で1.7万円となり合計6万円がコストとなります。

この3年間の段階ではまだ保険を使用しない時の方が6万円マイナスですが、これからもう少し長期的に見た時に保険を使ったか使わないかで将来的なコストは逆転します。

なぜコストが逆転するの?

money01_a06
例え今回のように単独事故を起こした場合でも他人を巻き込んだ大きな事故を起こした場合でも、保険を使わなければ保険上は「事故なし」として記録されます。
逆に小さな単独事故でも対人補償、対物補償、車両保険等、事故の補填を保険で行った場合「事故あり」として扱われます。
この事故ありと事故なしで大きく違いがあり、同じ等級でも10~20%保険料が安くなります。
なので現在は保険使わない方がコストが大きいことになっていますが、長い目で見た時に毎年10~20%安い保険料を払っていくのでいつか逆転することになります。

また、長年無事故の場合は優良ドライバーとして更に割引がなされます。これを「長期優良割引」といって5%程度の割引があります。長い間無事故で16等級くらいになると割引が頭打ちとなり、そこから保険料は横ばいとなってしまいます。そこから顧客を引き止めようと更に割引を増やす制度を一部の自動車保険会社が設定し、それがこの「長期優良割引」です。

事故無しドライバーの等級制度と、長期優良割引合わせるとかなり割引されることになるので、なるべくなら保険は使わずに修理を行えると良いですね。

どんなドライバーも事故を起こさない保証はない

023292
ただし、優良ドライバーになって割引を受けたいからといって保険を使わないというのはナンセンスです。そもそも自動車保険の意義は「必要なときに補償してもらう」ためのものです。現在12万円を支払うことが難しければ無理せずに保険を使いましょう。
優良ドライバーになって割引を受けたいからといって、今回のような微妙なケースの時に保険を使わず12万円を払い、いざ保険を使わざるを得ない大きな事故に遭遇してしまったら、前回使ったかどうかなんて関係ありません。優良ドライバーの道は閉ざされます。それならば今回のケースで12万円もらっておいた方が良いということになります。

結論

今回の出費があまり大きな出費が無いのであれば、保険は使わずに自分で支払いましょう。

ただし、無理に支払う必要はありません。いざというときに出費を助けてもらうために自動車保険に入っているのですから、無理に支払うことはせず使うべきところはしっかり自動車保険を利用しましょう。